2017年9月アーカイブ

皆さんこんにちは。表参道矯正歯科 院長の川崎健一です。

当院では、最新鋭の3D光学スキャナー 「i Tero element」を導入しております。

「i Tero element」は、スキャンするだけで、歯並びの三次元情報がデータ化されるので、従来の辛く苦しいシリコンの歯型を取る必要がありません。

歯型を取るのが苦手な方も安心してインビザライン矯正を受けていただけます。

さらに

①インビザライン(マウスピース)の精度が高くなるのでさらに正確に早く歯が動く。

②インビザライン(マウスピース)シミュレーションや完成までの期間が短縮される。

などのメリットもあります。

 

タグクラウド